育て方

植物を購入したら まず最初にすべきこと!!

 

どうも盆栽初めて5ヶ月目の山﨑です!

今回は、僕が植物を購入したときに最初にすることをまとめていきます。

是非参考にしてみてください。

 

皆さん、手に入れた植物そのままにしていませんか?

まずは、ビニール袋や箱から出してあげてくださいね!

植物を手にいれたらやっておいた方がいいことがあるので、こちらの記事を参考に

植物を元気に育てていきましょう!!

手に入れたばかりの植物の土乾いていませんか!?

手に入れたばかりの植物の土が乾いていたらすぐにお水を鉢底から流れ出るぐらいたっぷりと上げましょう!

そして季節が春、夏、秋の場合はなるべく早くお水を与えるようにしましょう。

春、夏、秋は、植物の成長期に当たり、水や栄養をたくさん求めるので、鉢の中を完全に乾かしてしまうのは枯れてしまう原因になります。

(一部の植物の育て方には鉢の中を完全に乾かす栽培方法もあります。)

お店にある植物は、定期的に水やりを行っていますが、水やりをする前に買ってしまう事もあるので

お家に持って帰ってきたらまず土が乾いていないかを確認してみてください。

 

植物の名前、原産地、特徴

・植物の名前をしっかり覚えてみましょう!

例えばよくホームセンターにある「パキラ」のフルネームは「パキラ・グラブラ」だったりしますし、

ほかにも「パキラ・アクアティカ」もあったりします。

フルネームを覚えるだけで、少し周りの人にいい顔が出来る!

ちなみに、プロでもたくさんの植物のフルネームを覚えるのは至難の業ですので、

皆さんもプロを越せる可能性は大いにありますよ!

・原産地を知ると育て方のコツがわかります!

植物は原産地の気候に適して生きています。日本では春夏秋冬というように四季がありますが、

海外だと「乾季(雨量が少ない季節)」「雨期(雨量が多い季節)」だけの国や、

1日の中に四季がある国(気温の変化が激しい)等もありますので

やっぱりどこの国の植物かを知るだけで、管理の仕方を変えていくことが出来ます。

・特徴を見つけよう!

植物を毎日毎日観察していくと、見るたびに成長していくのがわかります。

植物にとって冬は休眠期に当たることもあるので、寒い時期はほとんど動かなかったり、落葉したりします。

(ある植物では冬が成長期に当たることもあります)

そして動きの遅い植物でも、よーく観察すると、以外と早かったりするんですよ!

 

植物の置き場所

置き場所一つで植物の生育が変わるので、適切な場所に置いてあげられるようになりましょう!

日陰でも育つ植物もあるので一概には言えませんが、植物の管理はなるべく太陽光が当たる場所

光合成が出来ないと植物は弱っていきますのでなるべく日に当ててあげてくださいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-育て方

© 2020 〜やまざき植物園の開業までの旅路〜 Powered by AFFINGER5