未分類

赤玉土について

 

どうも、新潟の植物番長を目指している山﨑です。

今回は僕が普段からよく使っている『赤玉土』について説明していきたいと思います。

 

もくじ

赤玉土?
赤玉土の種類と使い方
その他の赤玉土の使い方

赤玉土

赤玉土とは、関東ローム層という関東平野に広がる火山灰が降り積もって出来た土壌の
赤土と呼ばれる粘土質の土を乾燥させてから振るいにかけて、小粒、中粒、大粒などに選別され商品化されている土の事です。

園芸では良く使われていて、通気性、保水性、排水性、保肥力に優れており、
粒が大きいほど排水性と通気性が良く、粒が小さいほど保水性と保肥性が良くなります。
無機質な用土なので鉢植えの基本の用土や、挿し木用の土として使われたりしています。

赤玉土は弱酸性の土で、だいたいph5~6.0(中性はph7.0)ぐらいで、これを指標にして植え込みに使う植物を選んだり
他の土と混ぜてpHを調整したりすることができます。

水やりや雨風にさらされることで少しずつ土の粒が崩れて、ただの赤土に戻ってしまうと排水性が少しずつ悪くなり根腐れする原因になるので
定期的に植え替えをする必要があります。

また赤玉土を焼き固めた硬質赤玉土が販売されていて、こちらは普通の赤玉土よりも硬く崩れにくいので、植え替えの頻度を減らせたり、根腐れの予防になったりします。

ハイドロボールとはちがいますよー!

赤玉土の種類と使い方

赤玉土には粒の大きさによって種類があり、成長の度合いや、植物によって使い方が変わってきます。

下記では約5種類、大粒、中粒、小粒、細粒、微塵を紹介していきます。

 

大粒

 

 

大粒は、主に鉢底石として使用されることが多く、ゴロゴロしているので「ゴロ土」と呼ばれることがあります。

用土としてはとても粒が大きいので、通常の鉢植えでは鉢底石以外ではあまり使用しませんが、

粒が大きいということは土中に隙間を作りやすいため、通気性や排水性を良くする目的として、畑などの土壌改良に使われることがあります。

 

中粒

中粒は、大きめの植物を鉢植えにする時に使われることが多く、通気性、排水性が良いので、小粒の赤玉土や他の用土と合わせて使用したりします。

また小さい鉢や水が好きな植物であれば鉢底に軽石を入れるよりも、この中粒を鉢底石として使用することで保水性を上げることが可能です。

 

小粒

5種類の中でも最も使われる小粒は、粒が小さいことで程よく隙間が有り、排水性や保水性が良いので非常に便利です。

さらに植物を植えたときには、大粒や中粒に比べて隙間が少なくなるので、しっかりと詰め込んであげることで植物が安定し、発根もしやすくなります。

 

細粒(さいりゅう)

写真撮り忘れました…!!後日撮っておきます。

小粒よりさらに粒が細かくマメ盆栽や挿し木に使用されますが、小粒に混ぜて保水性と保肥性を上げるために使ったりもします。

細粒のみで植え込むとかなり保水性が良く、逆に排水性と通気性が悪くなってくるので注意が必要です。

大粒、中粒、小粒よりも採れる量が少ないので、ほんの少しお値段が高めです。

 

最後に

赤玉土を使う前にはなるべく振るいにかけて、微塵を取り除き、粒の大きさを均等にした方が良いでしょう。

鉢に植えた後は鉢底から茶色い水が出てこなくなるまで、たっぷり水を与えることで鉢の中にある微塵を取り除くことができ根腐れの予防になります。

今回は基本の用土、赤玉土のご紹介でしたがいかがでしょうか?植物に合わせた土選びをして、元気な植物を育てていきましょう!

-未分類

© 2020 〜やまざき植物園の開業までの旅路〜 Powered by AFFINGER5